化粧水は配合成分を比較することが大切 - 比較して化粧水を選ぶメリット

化粧水は配合成分を比較することが大切

顔を洗った後などに使用する化粧水は、美容液やパックなどのスキンケアアイテムと比較すると、1日の使用回数が多いのが特徴です。

こだわりの高い化粧水の比較情報がリニューアルしました。

そのため自分の肌質にあったものを選ぶことで、美容効果を高めることが期待できます。


10代の肌トラブルで多いものの1つに、オイリー肌があげられます。



これは皮脂の分泌を抑える働きのある、ビタミンC誘導体配合の化粧水を比較して選ぶようにしてみましょう。
ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えると同時に、毛穴の開きを改善することも期待できます。



これに加えてニキビ予防効果もあるので、10代のスキンケアアイテムに最適です。


化粧水で保湿をメインに行いたいという人は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸配合のものがおすすめです。

これらの保湿成分は肌の中にもありますが、年齢を重ねると働きが低下していくので、早い段階から補っていくのがおすすめです。
保湿効果を高めたいと思ったら、低分子化やナノ化されているものを比較して選ぶことで、保湿成分の浸透アップが期待できます。

肌のくすみやハリの低下、肌がごわごわと固いという人は、肌の新陳代謝が低下していることが考えられます。


これをケアするためには、肌の新陳代謝を上げることができるプラセンタエキスがおすすめです。


プラセンタエキスには海洋性や植物性、豚などの種類がありますが、馬プラセンタには多くのアミノ酸が含まれているので美容効果が高いと言われているので、意識して選ぶようにしてみましょう。